今週の大宮開成

教育内容 プレゼンテーション教育 教育目標 6年間の学習 オンライン英会話


教育目標・重点指導目標

 


6年間を見通した計画的学習
  心身の成長に応じた最適なカリキュラムを6年間で計画的に展開。2年ごとの3ステージ制をとります。
第1ステージ(中1・2)では基礎学力の完成
第2ステージ(中3・高1)では進路意識の確立
第3ステージ(高2・3)では現役合格力の完成を目標とします。

2.確かな学力を実現するカリキュラム
(1)強化再編、「英数特科コース」のみに
  平成31年度募集から、従来の「英数特科」「特別進学」2類型制を再編し、「英数特科コース」のみとなります。ただし入試段階で英数特科「Tクラス」・同「Sクラス」に選抜・編成されます。
基本的な授業時間数・内容は共通です。

(2) 精選授業の充実展開

中高一貫教育に適した教材と研究された授業により、週36時間(中1・2)、週38時間(中3)の授業数を展開。3年間で国・数・英の主要教科においては公立中学校の約1.5~2倍の授業数となります。

中学段階では基礎基本を徹底し、揺るぎない「学力の幹」を構築。一方で“学びあい”や「化学実験」なども効果的に織り交ぜ、「学びそのもの」への意欲も高めます。
授業の予復習・課題(宿題)提出・個別質問の活用で、基本的に通塾は不要と考えています。

  〇毎週必ず「化学実験」(中3)
  化学実験
  新たに開講した「化学実験」(中3)では、毎週徹底的に実験。仮説を立て実験で検証する姿勢は、科学的思考力のみならず、情報社会で真実を見定める力にもなります。

このページのTOPに戻る
(3)プラスαの演習授業

(2)の授業時数の中では、通常授業に加え、Tクラスでは発展内容を扱う「アドバンスト演習」
(数学・英語)を、Sクラスでは1週間の学習内容の重点的復習「スタンダード演習」(国・数・英)を実施。伸びたい意欲をさらに伸ばし、また学習内容の取りこぼしもありません。

(4)小テスト・課題・質問対応体制 

各授業での随時の「小テスト」で小まめに学力チェックするため、決定的な学力低下の前に適切な
アドバイスが可能です。課題(宿題)も、各教科で連携しながら、必要にして十分な量を常時課します。
また放課後は随時個別質問等に対応し、“分からないまま進む”ことがないよう配慮しています。

(5)春期講習・夏期講習等

夏期・春期休暇中も、本校教員による講習を実施(学費に含まれています)。
また、高校段階では希望者対象の志望大学別・文系理系別等の補習も実施しています。

3.国公立・難関私立大学に現役合格
  本校では、中高一貫部・高校部とも、近年東京大学・京都大学を始めとする難関国公立大学、早稲田大学・慶應義塾大学など難関私立大学への現役合格を実現し、その伸長で注目をいただいています。
とりわけ中高一貫部では、平成29年度卒業生(50名)の首都圏難関私立大学(早慶~理GMARCH)の合格率が、過去最高(230%)となりました。

中学段階から着実な学力の積み重ね、高校段階での綿密な進路指導、生徒の自己研鑽のたまものといえるでしょう。
このページのTOPに戻る


英語教育
(1)オンライン英会話/ネイティブ英会話
  新たな「大学入学共通テスト」(以下「新テスト」)では、従来の「読む」「聞く」に加え、「話す」「書く」の全4技能が課されます。本校では、通常授業において4技能をバランスよく伸ばすとともに、話す=スピーキング力を特化して鍛えるため、平成29年度から「オンライン英会話」を導入(中2、下記動画参照)。

マンツーマンで「Yes/No」だけでないフルセンテンスの応答が求められ、効率よく会話力向上が図れます。また、開校以来ネイティブ講師による英会話授業(中1・3・高1)も実施し、異文化理解・英作文添削など単なる会話力だけではない広義のコミュニケーション力向上を図っています。

(2)民間資格試験への対応
  英語の民間資格試験は、英語力のめやすであるだけでなく、「新テスト」においては資格そのものが入試の点数や出願資格として活用される見通しです。本校では、実用英語技能検定(英検®)を始め、「TEAP]「GTEC」など諸資格を積極的に受験し、目標級を定めています。※参考:平成29年度中3生:準2級以上は81.2%  
  英検: (中3)準2級以上  (高1~)2級以上
  TEAP: (高3)リーディング60・リスニング60・ライティング50・スピーキング50
の計220以上(最低限)
  GTEC: (高3)グレード5~6
  オンライン英会話


質・量ともにハイレベルな 『先取り教育』で難関現役合格を実現(外部リンク)


オンライン英会話の詳細は、こちら(外部リンク)


英語教育・オンライン英会話の動画は、こちら(外部リンク)


このページのTOPに戻る
2.国際理解教育
  充実した英語教育とともに、プレゼンテーション教育(次項参照)・豊富な体験行事(中2奈良京都伝統文化研修・高1オーストラリア海外研修など)を通じて、自国・世界の文化を体験的に理解。「70億人とうまくやっていく」自覚と能力を育みます。
  国際理解教育


3.プレゼンテーション教育
  地球環境、伝統文化、食糧・教育・貧困問題、安全保障。答えが一つではない問題に、生徒たちが自ら探究し、年度末に成果を発表します。チームワークによる協働性の獲得、「新テスト」でも問われる思考力・判断力・表現力や発信力の涵養はもちろん、究極の目標は活動を通じて芽生える「社会貢献への意欲」です。
  プレゼンテーション教育

『大宮開成のグローバル社会で活きる発信力』(外部リンク)

このページのTOPに戻る

オンライン英会話

1.人間教育
  心身の発達に応じて、自己理解(第1ステージ)・他者理解(第2ステージ)・国際理解(第3ステージ)を旨とした「生き方教育」(各界の文化人による講演)を行い、思春期を生きる標(しるべ)を示します。
また中学段階から物事に広く関心をもてるよう、職業研究・大学見学などのキャリア教育を展開します。
  人間教育
 
2.諸行事・部活動
  中学(中高一貫部)では、体育祭・文化祭・フレッシュマンキャンプ/ジュニアキャンプなど、生徒が企画運営に携わり、上・下級生の交流が図れる行事が多数あります。部活動も学習との適度な両立を図る前提で行われています。
諸行事・部活動を通じ、生徒たちは「社会の縮図」を自覚しリーダーシップを育むことができます。 
  諸行事・部活動
このページのTOPに戻る

 

中学校学則高等学校学則寄付行為学校自己評価学校関係者評価学校いじめ防止基本方針中学校用教科書採択理由
Jアラートに対しての対応プライバシーポリシーサイトポリシーサイトマップ