新体育館工事の状況

図書館

新体育館について

新体育館は、既存体育館に比べアリーナ面積1.5倍、冷暖房完備の予定です。これまで以上に授業・行事・部活動の充実が図られます。

工事のスケジュール(予定)

・杭打ち(平成29年 12月)
・基礎工事(平成30年 1・2月)
・建物(平成30年 3~8月)
・開館(平成30年 秋)

工事の進行状況

[ 2018/06/18 ] 1階部分のコンクリート流し込み

6月18日(月)現在、1階部分の壁体へのコンクリート流し込みが終わりました。16日(土)に集中的に流し込み、総量はミキサー車103台分!しかも今日はもう型枠を外しています。 …more»

[ 2018/05/26 ] いよいよ建屋(たてや)の部分に

5月に入り、いよいよ柱や壁体を造るべく、コンクリートの型枠が上方へ向けて組まれています。「建物!」という感じが出てきました。

型枠の組み上げ前。オレンジの板がそうです。

型枠の組み上げ後。上から見ると「梁(はり)」になる部分がよくわかります。

[ 2018/03/31 ] 地下遊水地部分の型枠、ほぼ完成

地下遊水地となる基礎部分のコンクリート流し込み用の型枠全体が、ほぼ完成です。

あとは流し込むばかり!

[ 2018/03/01 ] いよいよ”建物”らしく

3月1日現在、基礎の底面部分のコンクリートが打ち終わり、続けて地下遊水地とするためのボックス状の型枠組み上げが進んでいます。

クレーンでまず足場となる鉄骨を組み、その足場沿いに型枠(コンクリートを流し込む枠)となる板を立てていきます。右写真は雨の日、本当にありがとうございます!

いよいよ垂直方向の作業に。建物らしくなってきますね。

[ 2018/02/21 ] コンクリート打設

2月初旬から、基礎部分のいちばん底面となる部分のコンクリートの打設が始まりました。流し込む前に、あの1月末の積雪をしっかり取り除くのが大変だったようです。

いよいよ「建築物」らしくなってきそうです。

[ 2018/01/26 ] 基礎工事続行中

1月現在、降雨時に水を溜める地下部分を造るため、地盤を掘り下げています。年末までに打った基礎杭が見えているところです。

[ 2017/12/11 ] 息がぴったり、地盤改良工事

12月現在、地盤改良工事を行っています。 大型の杭打機の横で、スクリュー状の杭をセットする補助のショベルカーがいますが、その動作が全くムダがなく、まるで手足のよう!教員も生徒も、休み時間に思わず見入ってしまいます。

 

[ 2017/11/01 ] 新体育館の建設工事が始まりました

開成祭も終わり、いよいよ新体育館の建設工事が始まりました。現在は仮囲いと既設埋設物の確認が行われています。

竣工は来年(平成30年)秋の予定です。












中学校学則高等学校学則寄付行為学校自己評価学校関係者評価学校いじめ防止基本方針中学校用教科書採択理由
Jアラートに対しての対応プライバシーポリシーサイトポリシーサイトマップ